So-net無料ブログ作成
ダンダリン 労働基準監督官 ブログトップ

ダンダリン 労働基準監督官 第6話  11月6日放送 あらすじ 竹内結子 松坂桃季 [ダンダリン 労働基準監督官]

ダンダリン 労働基準監督官 第6話  11月6日放送 あらすじ

今回のブラック企業は「セカイ部品工業」
外国人労働者を不当に管理・労働を強いている疑いが濃厚だ[exclamation×2]

しかし、外国人労働者の弱み(仕事を失うわけにはいかない)を利用し、
社長の杉下(島田久作)は 緘口令を徹底する

profpx.jpg



島田久作・・・いぶし銀の俳優さん。真鍋社長役の佐野史郎が率いていたバンド「タイムスリップ」では、ベーシストとして活動していたらしい。八重の桜に出演。他 舞台・ドラマ・ゲーム多数。


凛たちは、彼らに話を聞くことすら出来ない[あせあせ(飛び散る汗)]
そこで一計を案じる。



ここでひと肌脱ぐのは南三条の母・恭子(石野真子)
s_prof.jpg

いつまでも変わらない女優さんだな。



若かりし頃のCD版。




タイやベトナムからの労働者が多いというので 立てた作戦ということだが 一体・・・[exclamation&question]



今回の瑠璃子(トリンドル玲奈)は、ちょっと苦戦する。
残業代のことで相談を受けた相手・春沢(濱田マリ)に いじめられるのだ。


一生懸命 労働者の為にと動きまわるのに、感謝どころか罵声を浴びせられ、
仕事のやりがいに疑問を感じ始める。


がんばれ瑠璃子[exclamation×2]


珍しく仕事に積極的なのが、署長の真鍋
それもそのはず、監督強化期間を設けるという 労働局からのお達しに、
公務員らしく!敏感に反応!!!


大口摘発を目論む真鍋署長。
残業と休日出勤を命ぜられた凛たち。


おお、今回は構図がちょっと変わって面白そうだぞ[ハートたち(複数ハート)]


ちなみに、ちょっと気になったので
佐野史郎が組んでいたバンド タイムスリップを調べてみたら・・・・・

ありましたー[exclamation×2]
[CD] タイムスリップ/タイムスリップ

[CD] タイムスリップ/タイムスリップ
価格:2,600円(税込、送料別)



史郎さん、顔 おっきいっすね、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダンダリン 労働基準監督官 第5話  10月30日放送 あらすじ 竹内結子  [ダンダリン 労働基準監督官]

ダンダリン 労働基準監督官 第5話  10月30日放送

有名パティシエの職人魂を踏みにじり、利益の為に量産を強要する強欲社長[もうやだ~(悲しい顔)]
それに耐えきれず辞表を出すも、強欲社長は受理すらしてくれない
パティシエ役は賀来賢人
kaga3.gif
女優の賀来千香子さんを叔母に持つ 若手俳優さんです。

過去の出演作《銀色の雨》では中村獅童さんと共演。
【送料無料】銀色の雨 [ 賀来賢人 ]

【送料無料】銀色の雨 [ 賀来賢人 ]
価格:3,591円(税込、送料込)




強欲社長役は東根作寿英
images.jpg
ドラマ35歳の高校生で 謎の多い教師役を務めてましたね。



相談を受けた凛は、「辞める自由」を守るため動く。
一方、「企業を守る」ため 社労士事務所の胡桃沢社長に入れ知恵をする 。

損害賠償を盾に、退職を妨害してきた。


凛が双方と対話するうち、社長とパティシエの間には
利害関係だけではなく、感情のもつれがある様子が見えてくる。


凛、今回も 労働者の権利を守り、胡桃沢に煮え湯を飲ませてやれるか[exclamation&question]
-------------------------------------------------------------------------------------------
[晴れ]今回の土手山課長[晴れ]
息子の運動会に来ることを、元妻から厳しく拒否され やっぱり今回もご機嫌斜め[むかっ(怒り)]
パティシエと会社社長がこじれている様子に、自分の姿を重ねて見る。


[晴れ]今回の瑠璃子(トリンドル玲奈)[晴れ] 署長からのお見合いを蹴って、瑠璃子への想いを募らせる田中を 今回も見事にスルー。
瑠璃子の女子力、まことに恐るべし[exclamation×2]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダンダリン 労働基準監督官 第4話 あらすじ 動画 竹内結子 松坂桃李 [ダンダリン 労働基準監督官]

ダンダリン 労働基準監督官 第4話  10月23日放送 あらすじ

就職を望む学生の切なる思いを踏みにじり、
理不尽な「内定切り」をはたらくスポーツ用品メーカー[もうやだ~(悲しい顔)]
今回の相手は企業だけではない。
社労士事務所の胡桃沢が、したたかに企業に指導している為
なかなかしっぽを掴めない[ちっ(怒った顔)]
労働者の権利を踏みにじる悪行を、今回も一刀両断できるか?![パンチ][パンチ][パンチ]

-----------------------------------------------------------
→→→以下、ネタバレ注意

今回のブラック企業→→→スポーツ用品メーカーの「大鷹スポーツ」「内定切り」を行っている。背景として、業績不振で経営が追い込まれているという事情がある。
当初、「やむにやまれず数名の学生に内定取り消しを通知した」という人事部だったが、
社会労務士の胡桃沢(風間俊介)から法律違反になってしまうという指摘を受け、手段を変更。
学生たちに理不尽な内定者研修を課して、自主的な内定辞退を促すという手段に出た。
胡桃沢の指導により、凛たちは なかなか法律違反の証明が出来ないという苦戦を強いられる。[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

今回のキーパーソン→→→佑美(志田未来)。同社の内定を受けながら、内定切りの為に重いノルマを課せられている[もうやだ~(悲しい顔)]
カレンダー ’14 志田未来

カレンダー ’14 志田未来
価格:2,415円(税込、送料別)


凛(竹内結子)や南三条(松坂桃李)に詳しい事情を話したことで、会社から情報漏えいを疑われ、希望の部署に配属できないと圧力をかけられてしまう[バッド(下向き矢印)]


労働基準監督署メンバー内の見どころ→→→摘発に無関心な土手山課長(北村一輝)が、瑠璃子(トリンドル玲奈)のひと言で大変身。
瑠璃子の魔法の一言は今回もキレが良い。黄門さまの紋所に並ぶ日も近そうだ。



今回の土手山課長→→→息子の運動会の日程を元妻のみどり(西田尚美)が教えてくれないことにイライラし通し[どんっ(衝撃)]
不機嫌きまわりない。凛の報告も当然のようにスルーして、摘発に取り組む姿勢はなかった。ところが、
「ブラック企業を摘発すればスッキリする」という瑠璃子のひと言で、気持ちが一転。
自ら、「大鷹スポーツ」に乗り込む[パンチ]
しかし、胡桃沢から事前に指導を受けていた「大鷹スポーツ」での調査は空振り、法違反は見当たらない。
成果なく、このまま放置するしかないのか・・・

ダンダリン 労働基準監督官 第4話10月23日放送 公式予告動画 



凛の作戦で、退職者や内定辞退者から しらみ潰しに聞き込みを開始。
今年の内定者研修が異常に厳しいという証拠をとる為だ


それを伝え聞いた「大鷹スポーツ」の社長と人事部長は 顔面蒼白で胡桃沢に助けを求める。[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]
胡桃沢は 凛の余りの執念に下唇を噛んだ。[ちっ(怒った顔)]


こうなっては揉み消すことは出来ない。
胡桃沢の出した結論はこうだ。


「これは、会社としてやったことではない。 人事部長が、会社の窮状を知り 勝手に気を利かせてやった事だ。 それを知った社長は直ちに、内定辞退者に謝罪し 再内定という処置をとる。 さらに その事実を自らマスコミに流し、美談にしてもらいましょう」


はい、見事に腐った組織の対応ですね。
人事部長は一人、この責任を取らされます。(降格)


こうなっては凛たちの出来ることは、もう何もない。
凛は悔し涙を流す。
胡桃沢に負けたからではない。


「私たちが労働者を守るのが仕事なのならば、 あの人事部長も救わなければいけなかった」


凛の脳裏に、一人の男性がビルの屋上から飛び降りるようなシーンが浮かんで
第4話は終わる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ダンダリン 労働基準監督官 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。