So-net無料ブログ作成
検索選択

ガリレオ 真夏の方程式 映画 感想 [映画]

ガリレオ 真夏の方程式 映画 感想

ネタバレになってますのでご注意を!



オープニングは1997年(98年)の雪の日から始まります。
 いきなり中野?荻窪の歩道橋で、ホステス風のおばさんが殺傷されます。
 そして、川畑節子とその娘の、中学生の成実の間での会話シーン。
 新聞にはオバサンを殺した犯人として、仙波英俊が逮捕されます。
 お父さんには秘密よ。でお終い。

 この段階で火曜サスペンス劇場常連ならば、動機や事件の真相は判ってしまいます。

 ときが流れて現代。

湯川学準教授(福山雅治)が向かったのは、手つかずの美しい海が残された玻璃ケ浦。
架空の地名ですが、映画で設定されば場所は、千葉県の南房総です。
磁気?電磁波?を用いた海底資源調査のアドバイザーとして、呼ばれたのですが、その道中の車内で、一人旅行をする少年、恭平とトラブルをきっかけに出逢います。

列車の中での、両親?親戚?との電話連絡を五月蠅い、マナー違反だと高年齢のおっさんに絡まれたのです。
まぁ、英語のクロスワードパズルをやっていた湯川にとっても五月蠅かったのですが・・・
 湯川先生は科学的知識を応用して問題を解決しました。
 少年は湯川先生に興味津々状態です。
(後で出て来るのですが少年の父は科学に暗い人みたいです)

 その後、海底資源開発に関する説明会に出席したのですが、反対派と推進派の不毛な説明会。
湯川先生は両成敗です。

 さて、湯川先生が、玻璃ケ浦に滞在中に宿泊した宿が、緑岩荘(ろくがんそう)です。
 そして、この緑岩荘は少年、恭平の親戚の家であり再び出会うことになりました。
少年、恭平は湯川先生に対して興味津々でいろいろと話しかけますが、先生は新聞を読んでいるなどの理由をつけて無視します。
 さて、この緑岩荘を経営しているのが、オープニングで出てきた川畑家です。
 元自動車会社でエンジンを開発しており、現在足の不自由な父重治。
 元ホステスで小料理屋で出会って結婚した節子。30歳で独身の娘の成実

 湯川先生意外のもう一人の宿泊客は、元刑事の塚原正次。
 湯川先生は旅館での夕食の後、地酒を飲みに街の居酒屋へ。
 少年、恭平と重治は旅館の外で花火をして遊びます。
 そして、次の日、塚原正次が海岸で変死体で発見されます。
 死因は一酸化炭素中毒死です。

 少年、恭平は、探偵気取りで事件のことを湯川先生に話します。
 なんやかんやと会話して、少年があまり理科が好きではないことが発覚。
 その後、現場近くの海に行きます。
 美しい海があるのは200メートル沖。
 少年が海を見たいけど、泳げないし、船に乗ると寄ってみれないことが発覚。

 その後、湯川先生、不毛な説明会をスッポかします。先生曰く、海底調査のアドバイザーなので説明会には出なくても良いとのこと。
 その替り、少年に科学(真実探究)の素晴らしさを啓蒙するために、テレビ電話可能な携帯とペットボトルロケットで海を見ることを少年と共に試みます。
 こっちを優先してしまうあたりが、変人と言われてしまう原因でしょう。

 試行錯誤する湯川先生と不毛な説明会が交互に映されます。
 ロケットは一回では200メートルでは飛ばず、試行錯誤しながら、最終的には海を見るのに成功します。
 このシーンは本当に良いですね。
 まさに少年時代の輝かしい夏休みという感じです。


 ホステスを殺した本当の犯人は、中学生の成実。
 中学生の成実は、本当は仙波英俊の子供で、成実を守るために自首。
 ホステスは、実の子供じゃないことをネタにして、お金を取るつもりで家に行ったけど、運悪く家に一人でいた中学生の成実と会う。
 幸せそうな家族への嫉妬からか、成実に全てをばらす。そして、家族写真を奪って出て行く。
 その後、殺してでも家族写真を取り戻そうとする成実に殺される。

 物語の中で、湯川は、真相よりも人生が大きく捻じ曲がる可能性がある人物のことを気にします。

 多くの人は、ヒロインである川畑成実( 杏 )のことだと思うかもしれませんが、これはミスリードです。

 川端家の秘密も殺人のトリックも、火曜サスペンス劇場常連ならば、動機や事件の真相は判ってしまいます。
 しかし、さすが人気作家らしく、別の秘密を用意していました。

 最後の落ちは、川端家父、重治が元刑事の塚原正次を殺す際に、少年、恭平に手伝わせていたこと。
 花火が建物の中に入るといけないからと言って、足の悪いは重治は、少年、恭平に建物を密封させ、一酸化炭素中毒で殺しました。
 つまり、少年、恭平を殺人の共犯にしたんですね。
 少年、恭平が事件の真相に気がつけば、罪の意識により、人生を大きく捻じ曲げてしまう可能性があります。
 湯川先生は、そのことを一番気にしていたんですね。

 少年がそのことに気がついたのは、意外に早かったのですが・・・・
 湯川先生は少年と共に秘密を持ち続けることを約束して物語は終わります。

 夏休みに起きた楽しい思い出もあったけど、つらく悲しい少年の少年の成長物語でした。 
 湯川先生は、1997年の事件に関しては、証明できないこととして、そのままにしてしまいます。
 また、現在の事件に関しても、事故死と死体遺棄での処理を黙認した感じですね。

ついでに
 元刑事は何のために来たのか。映画の中では語られませんでした。
 たぶん、暴き立てて、騒ぐつもりはなかったのではないでしょうか。
 基本的には、殺さなくても済んだ事件だったような気がします。

 そのことを犯人に言っても良かったのでしょうが・・・・言わないのが湯川先生の優しさでしょうか。
 父を親は家族を守るつもりで人を殺しましたが、
 元刑事が暴くつもりがなければ、家族を守ると言う点がなくなり、単なる殺人者になるだけですから。

 娘の本当の父親は、娘を庇うために刑務所へ。
 まさに凄い献身ですね。
 このお父さんは、ある種張り合って、殺人なのか!?
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

容疑者Xの献身 あらすじ 映画 [テレビ]

容疑者Xの献身/東野圭吾



ガリレオ 容疑者Xの献身 感想 は石神哲哉(堤真一)が

1人の人間として花岡靖子(松雪泰子)に貫く献身愛です。



ただの推理小説だけにとどまることなく石神が愛する靖子を完璧に守り切る為に

石神が、泰子の為にもう1つの殺人を犯して、冤罪と一緒に罪を背負い

悲しい結末を迎えるという切ないストーリが見所になっております。

石神のように、愛する人を守る為にここまで出来る人間はいないでしょう。


石神による偽装計画の中心にあるのは、被害者の誤認を狙った古典的な“顔のない死体”トリックに他ならないのですが、“死体を富樫のものではないと偽装する”のではなく“(別人の)死体を富樫のものであると偽装する”という手段がやはりよくできています。もう一つ別の死体を用意すること自体が意表を突いていますし、“花岡母子による富樫慎二殺害を隠蔽する”という目的とは一見矛盾するような、富樫が殺害されたことをあえて強調するという手法がユニークです。


元ホステスの花岡靖子(松雪泰子)は、弁当屋をほそぼそと営みながら

1人娘の美里(金澤美穂)と2人で幸せにアパートで二人で暮らしていた。

平和な生活を送っていた靖子のアパートへ元夫の富樫慎二(長塚圭史)が

靖子の居所を突き止めて訪ねてきた。

富樫から逃げる為にどこに引っ越してもしつこく疫病神のように現れ、

小遣いをせびり、幾度なく暴力を振るう富樫を靖子はお金を渡して帰そうとする。

そして、お金をもらった冨樫が帰ろうとした、その時、美里が冨樫を背後から襲う。

しかし、所詮、かよわい美里の力では冨樫にかなわない。

冨樫が怒り狂い、美里に襲い掛かり、殴る、蹴るの暴力を振るい暴れる。

そして、3人は大喧嘩を始めて、靖子は美里を守る為に側にあった

こたつのコードで冨樫の首を締めて、加勢した美里と共に冨樫を殺してしま。

難を逃れた靖子は安心したが、冨樫を殺害した重大さに我に帰り気が動転する。

そんな中、隣人の天才数学者の石神哲哉(堤 真一)が

物音の騒動に気づき靖子の安堵を気にかけて尋ねてくる。

石神は、靖子が経営する弁当屋の常連であり、ひそかに靖子に恋心を抱いていた。

靖子が冨樫を殺害した事を知った石神は、愛する靖子を守る為に

今後の成り行きを想像し呆然とする靖子と美里に救いの手を差し伸べ

石神は自らの論理的思考によって二人にアリバイの指示を出すのであった。

そして、旧江戸川で死体が発見されて警察は遺体を発見する。

草薙刑事(北村一輝)と内海薫(柴咲コウ)が遺体を現場検証したところ

遺体の顔は、ドンキのような物で潰され、指紋もえぐられており

悲惨なものであったが遺体の身元を富樫と断定する。

そして、草薙と内海が、冨樫の交友関係から、冨樫の元妻の靖子を

洗い出し、靖子の自宅を尋ねて、靖子に事件当日、冨樫が尋ねて来なかったか?

などの様子とアリバイを靖子に聞くが、靖子はしばらく冨樫とも会ってないし

事件当日は、仕事が終わった後、娘の美里と待ち合わせして、日比谷で映画を観て、

その後、ラーメンを食べてカラオケに行ったとアリバイを立証する。

草薙は靖子の出来すぎたアリバイに不自然さを感じながら靖子の家を出て、

隣人の石神にも事件当日の聞き込みをするが、石神からも何の情報も得られない。

警察が尋ねて来たことで不安になる靖子に石神から電話が入る。

そして、石神は靖子に次のように指示する。

『映画の半券は引き出しの中ではなくパンフレットの間に挟んでおいてください』

この、事細かな指示こそ天才数学者と言われる石神の論理的思考が隠されている。

草薙と内海は有力な容疑者である花岡母子に目をつけるが、

あと1歩といったところでアリバイを崩すことが出来ない。

困り果てた草薙と内海は、天才物理学者の湯川学(福山雅治)に相談を持ちかける。

湯川は、草薙と内海の話しを聞いて、容疑者とされる靖子の隣人が石神だと聞かされる。

驚く事に石神は湯川がたった1人認める天才で大学時代の友人でもあった。

石神の名前を聞いて気になった湯川は石神の自宅を尋ねて17年ぶりに会う。

湯川は、当初この事件に傍観を通していたが、石神が犯行に絡んでいることを知り、

独自に冨樫殺害事件の解明に乗り出して、湯川は、冨樫の遺体が見つかった

現場で内海と会い、内海に警察が考える事件の見解を尋ねる。

容疑者は現場で冨樫と待ち合わせをして、駅で自転車を盗み犯行を行ったという。

湯川は、内海に、『容疑者はなぜ、自転車に乗って来たのかと尋ねる』

すると、内海は、『被害者の指紋が残ってたからだと答える。』

湯川の見解によれば、『遺体の指紋を焼いた用意周到の犯人が

自転車に指紋を残していくはずない』というのであった。

内海が犯人が慌てていたから指紋を吹き忘れたんだというと・・・。

湯川は、『犯人は、慌てていたわりには、服を燃やそうとした。』

『一刻も早く現場から逃げたいはずなのにおかしい』

『犯人は、わざと、自転車に指紋を残したのではないか?』

『被害者が自力で自転車に乗ってこの場所で殺害されたと見せたかった』

つまり、湯川の仮説によると、冨樫は別の場所で殺害された後、

現場に死体遺棄されたというものであった・・・。

そんな中、湯川は石神を尋ねて、靖子の弁当屋に一緒に行く。

そして、石神は、その晩に靖子に電話をして、湯川は大学時代の友人でとても頭がいい

湯川に勘ぐられたくないので次のカードを切ると靖子に指示を出す。

そして、石神は、娘の美里にある指示を与えるのであった。

そんな中、内海は、独自に解明に乗り出している湯川を尋ねて

冨樫殺害事件に石神が共犯してると湯川に指摘する。

しかし、湯川は、冨樫を殺害したのは、おそらく、靖子であって

石神は犯行に直接関わっていない、事件を知った時点で冨樫は殺害されていた。

湯川が言うには、『石神は、靖子と共謀して冨樫を殺害するなどバカなことはしない』

事件の真相を知った石神は事件を隠蔽する為に靖子のアリバイを考えて

巧妙に警察の追求を逃れる為に靖子に指示を与えたというものである。

そんな中、草薙から内海に電話が入り、美里のアリバイを裏付ける同級生の

森野くるみから事件当日、映画館で美里と会ったとの証言を取れたとの報告が入る。

それを聞いた湯川は・・・『まさか、ありえない・・・。』と一言呟くのであった。

そして、冨樫の新情報が入り、バカラで600万円負けて複数の組関係から

命を狙われていたと判明し、事件の容疑者が靖子から暴力団へと方向転換する。

しかし、湯川の検証に信用を置く、内海は、納得出来ず、草薙と共に石神を捜査する。

石神が勤務する高校に行き石神に事件のアリバイを確かめるのであった。

そんな中、石神は愛する靖子が工藤(ダンカン)と恋愛関係になって

会ってると勘違いをして、嫉妬するのであった。

その頃、湯川は、草薙と内海と一緒に中華料理店で食事していた。

そして、草薙達と何気ない会話をしてる内に石神のトリックに気がついた湯川は

内海に石神の勤務表を見せてくれと言って勤務表を見て確信した湯川は

店を出るやいなや石神に会いたいと電話を入れるが、石神から、今夜は遅いから

週末に一緒に山に登らないかと言われ2人は辺り一面真っ白な山に登る。

その頃、靖子は工藤と会っていて、工藤から家のポストに入っていた

盗撮された写真と手紙を見せられて驚愕する。

そこには、『花岡靖子に近づくな、彼女を幸せに出来る男はお前ではない』

手紙の内容が石神ではないかと感じた靖子は恐怖に怯えるのであった。

そして、場面は戻り、山小屋で湯川が石神にトリックについて遠回しに言うが

湯川は石神を友人と思うがゆえに真相を言うことが出来ないままであった。

そして、石神は湯川に対して、次のように言うのであった。

『なぁ、湯川、あの問題を解いても誰も幸せになれない、もう、忘れてくれ』という。

物語は終盤に入る、そして、驚くことに石神が自首してきたところから始まる。

そして、石神は警察の事情聴取で次のように供述するのであった。

12月2日冨樫に会い、冨樫に話しかけて、靖子はこの住所に住んでいない。

大森に引っ越したと嘘の住所を書いたメモを渡し、冨樫を誘き寄せて

こたつのコードで首を締めて、身元が分からないように、冨樫の顔に

ビニールシートをかぶせて、石で殴り潰して、指紋はバーナーで焼いた。

衣類はナイフで切り裂き、近くの缶で焼いて自宅に帰ったのは12時過ぎだった。

石神の供述を元に石神立会いで証拠品の、こたつのコード、ナイフを押収する。

そして、草薙と内海は靖子の自宅を尋ねて、石神が自首してきたと説明する。

靖子は、草薙と内海から石神からストーカー行為を受けていたか?

と、尋ねられ、石神が靖子を盗撮した写真と手紙を草薙と内海に見せて、

これまでもストーカー行為を受けていたと嘘をつく。

草薙と内海が帰ると、石神が自首する前に自分に書いておいた手紙を

心身に受け留めて読み始める靖子であった・・・。

その手紙の内容は、今後、あなたに警察から捜査の手が伸びてくると思います。

その時は、何者かにストーカー行為を受けていたと語ってください。

そして、今迄通り、警察には打ち合わせした事だけを話してください。

そうすれば、あなたは守られます、工藤さんは、誠実で信用出来る人です。

人生に絶望してた私を救ってくれたのはあなたでしたと。

愛する靖子の為に自ら犠牲になって冤罪を背負う石神であった・・・。

このシーンも感動で泣けて来ますよね。

石神の取った行動に悲しんだ湯川だが、石神の心中を思い

事件の真相を暴くのをやめようとする・・・。

そんな、湯川の元に内海が尋ねて来て、迷う湯川に対して・・・。

内海は、『湯川先生の心の痛みを自分も背負うという』

そこまで言う内海の言葉に心を動かされた湯川は内海に対して・・・。

『この事件の結末は自分に任せてほしい』と言って靖子に会いに行く。

靖子に会った湯川は、靖子に対して次のように言う。

『あなたのアリバイは本物で12月2日実際に映画を見ていた。』

だから、『あなたは、警察の追求にも耐えられた。』

でも、『あなたは不思議に思っていたはず、なぜ、嘘をつかなくていいのか?』

なぜなら、『あなたが、冨樫を殺害したのは、その前日の12月1日だった。』

しかし『石神は、あなたと娘を守る為にあなた方が知らないとてつもない犠牲を払った』

そう言う、湯川に対して泰子は驚きを隠せなかった・・・。

その頃、石神は拘置所に移管されるところだったが、草薙が湯川を連れて現れる。

石神と面会した湯川は冨樫殺害事件の真相を石神に次のように語る。

冨樫を殺害したのは靖子で、君は物音で気がつき、そして靖子と美里を守る為に

犯罪の隠蔽に協力することにしたが、冨樫の手首には美里が押えつけたあざが残り

そのままでは、すぐに靖子と美里が殺害したとバレる・・・。

そこで、君が立てた計画は、もう1つ別の他殺体を用意して、

警察にその死体を冨樫だと思わせることだった。

そして、君は彼女達を守る為にホームレスに近づき、冨樫が借りていた

部屋のキーをホームレスに渡して夜までいてほしいと頼んだ。

君の目的は、冨樫が借りていた部屋にその男の指紋や毛髪を残すことだった。

夜になると冨樫の服に着替えた男と待ち合わせて盗んだ自転車で大森まで移動した。

そして、君は男を殺害して、死体を冨樫と思わせる為に男の顔を石で殴り潰して

指紋をバーナーで焼き、衣類をナイフで切り裂き、警察が犯人のミスだと思わせる為に

わざと、衣類や自転車に指紋を残したのはすべて君の計算通りだった。

そして、わざと出来すぎのアリバイを作り、警察の疑いを靖子に集中させた。

しかし、警察は靖子のアリバイを崩せるわけない。

なぜなら、大森で発見された死体と靖子は何の関係もないからだ。

アリバイトリックに見せかけて死体をすり替えた・・・。

おそらく、冨樫の死体はバラバラにして、どこかに捨てたんだ。

君が2日続けて学校を休んだのはその為、これが、この事件の真相だ。

愛する人を完璧に守る為に君はもう1人の人間を殺害した。

そして、石神が立ち去る時に湯川は真相を靖子に話したと伝える。

しかし、石神は、湯川に、もう1つの死体が見つかる頃には自分の裁判は終わり

冨樫殺害事件は終了してると伝えてその場を立ち去るのであった。

そして、石神が連行されるその時、靖子が現れる。

靖子は、『石神さん、どうして、私達の為に、私達だけが幸せにはなれません。』

『私も石神さんと一緒に罪を償うとその場に泣き崩れるのであった。』

そんな靖子の姿を見た石神もその場で号泣して同じように泣き崩れる。

靖子は罪を認めたが、以前として石神は黙秘していた。

こうして、石神は生きる力を与えてくれた愛する靖子を最後迄守る為に

もう1つの殺人を犯して2人を殺害した罪で人生を終える・・・。

しかし、石神に後悔はなく、靖子に感謝していたのであった。




KOH+ 最愛
福山雅治×柴咲コウ、超ビッグプロジェクト"KOH+"







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。