So-net無料ブログ作成
検索選択

戦力外捜査官 6話 姫デカ・海月千波 武井咲 [ドラマ]

スポンサーリンク




戦力外捜査官 6話 姫デカ・海月千波 武井咲

「家政婦の三田山さんは見た!恋愛小説家殺人事件の全て」



著名な恋愛小説家・高村(大谷亮介)が変死体で発見された。現場は自宅の仕事部屋で、そばには一冊の本と飲みかけのコーヒー灯油ストーブがあった。争った形跡はなく、死因はストーブによる一酸化炭素中毒のようだ。殺人ではなく事故、あるいは自殺なのか――?

千波(武井咲)と設楽(TAKAHIRO)は家政婦の三田山(ふせえり)、編集者の佐渡(佐野圭亮)、マネージャーの玉置(三宅弘城)から事情を聞くが特に収穫はない。だが検死の結果、高村の体内から睡眠薬が検出された。千波と設楽は再び高村の周辺を洗い、家政婦・三田山の妄想世界で、別居中の妻犯人説、編集者との確執説、マネージャーの嫉妬による殺人説などを披露される。

だがどれも的外れだ。やはり事故ではないか――そう思いはじめたとき、驚きの展開があった。マネージャーの玉置が記者会見をするというのだ!彼は一体何を告白するのか?



戦力外捜査官 6話 姫デカ・海月千波 武井咲



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。